ルーザのところ。

みつかっちゃった!ここはリトルウィングやアークス、ハンターにモンスターマスター等を転々とするルーザが綴る、ハイテンションでエキサイティンなところ。安心の"準"毎日更新でお届けしますので、どうぞごゆっくり!
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

避難所生活190日目 ~見て学ぶ!炭鉱夫~

ドンドルマ史にこんな
諺(ことわざ)がある。

Hatch meets coo dat sight.
~神おまは1日にして成らず~


また、遺跡平原のエリア3に
英霊として祀られている
かのバルバレの英雄、
世界三位マンも嘗てこう言った。

Foon jine to cut A4,yak mayday show.
~ピッケルは剣よりも強し~


◼︎由来及び炭鉱夫概論

古来よりハンター達の間では、
良質なお守りを持つ者だけが
ハンターとしてより高みに
近付ける
と信じられ、
覗くも悲惨、語るも悲惨な
採掘作業という拷問に進んで
身を投じる人間が少なくなかった。

人々はこうしたハンター達の事を
憐れみの念を込めて"炭鉱夫"と呼び、
火山という過酷な環境へ向けて旅立つ
数多の雄姿を手を振って送り出した。

そうした炭鉱夫達の中には
悪質なセンサーに引っかかり続けた末
遂には心を折られ妥協してみじめにやる者、

胡散臭い壺に頼るしかなくその結果
無限に巡る同じ時間の中を彷徨い続ける者、

野良部屋でのルールやマナーが分からず
ゆうたと罵られ最後にはラージャンと化す者
等、
実に様々な形の末路を辿った者達が存在し、
人知れず積み上げられた彼らの屍の下に
今日の新たな悲劇が芽生えているのだ...


◼︎時代の変移とその背景(黎明期)

舞台はモガ村にまで巻き戻る。
初めて"護石"という概念が提唱されたMH3。
当時の人々はスキル構成の自由度や可能性を
更に高める物として、これを大いに歓迎した。

だが、しかし。
そもそもお守り掘りとは採掘、
採掘とは採取行動なのである。

にも関わらず当時は
"採取ツアー"と呼ばれる様な
利便性に富んだ依頼は存在しておらず、

人々は適当な依頼を受注したのち
自ら持ち込んだ大型の爆弾を蹴り飛ばし、
半ば自害する形でお守りを
持ち帰るしか無かった。
無論、依頼人は涙目である。


◼︎時代の変移とその背景(過渡期)

舞台はユクモ村へと移りMHP3。

いよいよお守りを掘る事の重要性が確立され、
また、携帯機という敷居の低さから
大量のお守り難民を産出する事となる。

特に大きいのが"ウラガンキン"と呼ばれる
大型モンスターの台頭で、
彼の巡回ルート上に点在する採掘ポイントの為に
命を散らしたレザー装備のハンターは少なくない。

一部ではこのモンスターを
尊敬と畏怖の念を込めて"主任"と呼び、
過度に神格化するなどの傾向も見られた。


◼︎時代の変移とその背景(暗黒期)

舞台は再びモガ村へと戻る。
俗に言うMH3Gの世代。

この頃になるとお守りを掘るにあたり
有効な装備やスキルが次々と見出され、
中でも"お守りハンター"の存在は
震える手でピッケルを握り、
虚ろな目で採掘ポイントを見据える
多くの炭鉱夫達に希望を齎した。

だが。

掘れども掘れども目当てとするお守りは
一向に姿を見せる気配が無い...

それもその筈。
この当時"そのハンターでは絶対に
手にする事の出来ないお守り"
という、
或る意味人ひとりの人生を
そのまま体現したかの様な
仕様が発見されたのだ。

「自分には絶対に掴む事の出来ない幸せが、
オンライン上のこの人間にはさも当然の如く有る」

こうした影の思想、負の連鎖は
ハンター同士の溝を深める物となり、
同時に格差、対立、失意を孕んだ。
のちの"タンジアの悲劇"である。

これに絶望した炭鉱夫の中からは
自殺に走り転生する者
心中を図りそのまま生涯を終える者などが
後を絶たず...


◼︎時代の変移とその背景(高度成長期)

その舞台は遂にバルバレへ。
ここではMH4~MH4Gを纏めて扱う。

当時バルバレの民の間では
"ギルドクエスト"と呼ばれる極刑による
ハンターの間引きが行われており、
多くの未来ある若者達がこの餌食となった。

G級素材、発掘装備、そしてお守り...
全てを手に入れんとした欲深き炭鉱夫ほど
業の深い罪を背負う事となり、
炭鉱夫でありながら樹海へと篭った挙句
二度と帰らぬ人となった例も多数存在した。

また、この頃になると
依頼達成の報酬として発掘装備やお守りが
配給されるなどという噂が立ち始め、

あろうことか炭鉱夫でありながら
モンスターを討伐する
などという
大それた所行に打って出る者まで現れた。
これは正しく高度成長期特有の
特異な事例であると言えよう。


◼︎時代の変移とその背景(黄金期)

ベルナ村と呼ばれる辺鄙な土地にて
またもピッケルを振るうMHX。

所謂"炭鉱夫"と呼ばれる職業が
最もさかんであったと言われるのが
MH4~MHXにかけてであるとされ、
この時期は"燃石炭"を掘っては納品するという
至極本質的な採掘作業の
全盛であったという見方も多い。

加えてこの当時
「ネコが採掘している」などという
都市伝説の類も散見される様になり、
ますます火山の闇を垣間見る事となる。

該当する時代における
著名な炭鉱夫と言えば、

・ARIA(2015~2015)
...108の通り名を持つとされ、
"珍フィ""淫靡ニティ"に代表される
裏の顔の数々は業界人なら
誰しもが知るタブーであり、
界隈では最も危険な人物と恐れられている。
嫌いな物は待ち時間とケムリ玉。

・miya(2015~2015)
...人の採掘作業を妨害する事しか考えず、
付いた二つ名が"炭鉱夫殺し"
名だたるライバル達の採掘稼業を徹底的に潰して
現場のラージャンをも手篭めにする事から
界隈では最も危険な人物と恐れられている。
嫌いな物は待ち時間と採掘。

・うぃる(2015~2015)
...嘗て採掘中の事故により身体の99%を失い、
オートメイルとして蘇ったたった一人の弟。
巷では「ウラガンキンの生まれ変わりなのでは?」とも囁かれ、
界隈では最も危険な人物と恐れられている。
嫌いな物は待ち時間とガブラス。


...


......さーあ遊びが出てきたぜ。


◼︎実録、特別ゲストを迎えての今と今後

それではここで
本日の特別ゲストを
ご紹介したいと思います。

数々の炭鉱を渡り歩く中、
トレジャーハンターや
樹海探索員としても活躍され、
近年はケルビの角納品職人から
燃石炭掘るガチ炭鉱夫へと転向された
自称プロハンターの"リモスマン"さんです。
本日はよろしくお願い致します。

#周波数の関係で集音不可な言語#
#周波数の関係で集音不可な言語#
#周波数の関係で集音不可な言語#


最近はダチらを招いての
マルチ炭鉱夫にも精を出し、
"ビリは戦犯なのでころされる"
"余興にラージャンと戯れる(サイヤ人適性)"
"サボッてる他人のネコを蹴って飼い主と乱闘が始まる"
"「まわりの視線が千剣山」とだけ言い残し
去って行くヤツがいる"
など、
その非効率な立ち振る舞いの数々たるや
枚挙に暇が無いぜ!

♪♪♪【高周波】

秘境で出た古おまが0~1個...
サボってる猫を蹴ってリタイア

秘境で出た古おまが8個以上...
勝利を確信、そして報酬に立ち並ぶ
緑と青のアイコンを見る度
俺の首が、喉が、打ち震えるぜ!

♪♪♪【高周波】
♪♪♪【高周波】


リモスマンさんが集会所から離脱しました。

炭鉱夫稼業はかくも熾烈にして壮絶。
燃え盛る火山へと降り立った皆が皆
こうなってしまう訳ではありませんが、
貴重な実例として取り沙汰されるには
充分過ぎる程の立ち振る舞い...

ここでは今は亡きリモスマンの歩んだ
長きに渡る炭鉱夫の歴史の中から
特に近代鉄学へと目を向け、
彼の軌跡を辿って参りましょう。

・コックの本気未発動の秘境飯のスキルを気合いで発動
・ラージャンの習性や行動傾向を完璧に把握
・けむり玉やモドリ玉を使うのが異様に上手い
・なぞの骨とマカライト鉱石でジャグリングをする
・遠く離れた納品BOXに石炭やネコタクをミドルシュート
・龍歴院ハンター指折りの資産家でハンティングは趣味の一環
・手持ちの龍歴院ポイントだけで世界中の不幸な子供達を救済
・受付嬢との間に信頼関係以上の感情が芽生える
・主食:カブレライト鉱石
・おやつ:獄炎石
・龍の蜜餌の美容効果を指摘
・ウロコトルやアプケロスに抱く感情は"怒り"ではなく"憐れみ"
・グッとガッツポーズしただけで古おまが2つ出た
・31個以上の石炭納品は己の限界への挑戦
・ケルビの角の納品作業は採用試験
・首が長い


まぁ、そろそろ炭鉱夫としての
"格"...っていうのかな?
そういうのが出てきたんじゃないかな。

自分じゃそういうつもり無いんだけどね。
周りが言うよね、「炭鉱夫界のミラルーツ」ってね。

※本人談


◼︎炭鉱夫の実態

ここまでご覧頂いている聡明な貴方なら
既にお気付きかと思われますが、
こんな事やってるのはアホか変態ばかりです。

しかしそれでも彼らが
ピッケルを置かない理由...
火山から帰らない理由...

心理学者の中にはこうした事象について
・人より良くありたいという慾望(自己誇大型)
・自分は完璧であるという願望(自己陶酔型)
・ソシャゲのガチャみたいで楽しい(事故爆死型)

等幾つかのパターンが見られる
といった見解を示し、
特に事故爆死型の炭鉱夫については
「引かなきゃ当たらない課金ガチャ、
買わなきゃ当たらない年末ジャンボと同じく
掘らなきゃ当たらない神おまといった考えを持つ患者が
近年大幅に増加しつつある傾向にある」

と述べ、その多くの患者の
行動パターンについても

・終始テーブルを疑う
・ロード時間中にトイレを済ませる
・いきなりバルサンを焚き始める
・2つしかないモドリ玉を巡り醜く争う
・支給されたネコタクを全部捨て
仲間を火山に30分もの間拘束する
・PTプレイ中、燃石炭が異様に出なかった際に
極度の緊張感を覚える
・PTプレイ中、食事による秘境スキルが発動しなかった際に
極度の緊張感を覚えて泡吹いて死ぬ


など、概ねリモスマン(故)のとった行動と
類似した点が見られる事も重ねて指摘した。


◼︎解決・炭鉱夫とは

以上の点から既に手遅れと見られ、
彼らは今日も火山へと向かう事でしょう。
引き止めてはならない。勝手にすればいい。

自分の友人が、家族が、
恋人が、ペットのネコが、
今正に炭鉱へと向かわんとしているのを
目の当たりにしている貴方。諦めましょう。

炭鉱夫とは他の誰しもが
介入する事の叶わない夢、ロマン。
即ち"人生"なのですから...


(ここでリモスマンの遺影)



エンディングは歌姫の歌声に乗せた
各国炭鉱夫の格言をお送りしながら
お別れとしたいと思います。


(BGMフェードイン、リモスマン消滅)


お前が火口を覗いている時、
火口もまたお前を覗いているのだ。

~Y・オマハン~

採掘は、秘境から始まります。
~マダー・デルサ~

求めよ、されど与えられん。
~イマス・キルヒト~

今掘れるポイントを、後に残すな。
~カンカーン~

I have a drink.(ドリンクが必要です)
~キング護石~

俺の股間はグレートピッケル
~ヘルブラザーズ・黄鬼~

掘っても、掘られるな。
~主人が太刀のネコ~

表が銀なら、ウラガンキン。
~どこぞの歌姫~


来週のこの時間は
ガチャの闇!ソーシャルゲームの実態に迫る
と題しまして、元戦国大名兼
癒し手兼ストライカー兼ギャンブラーの
経歴を持つ、リモスマンさんを
ゲストにお迎えしたいと思います。


資料:メゼポルタ有害指定図書群
収録
監修:ルーザ
放送:NHK(Naze Horu Kamioma)



おわり。
スポンサーサイト
【 2015/12/23 (Wed) 】 ゲーム:モンハンX | TB(0) | CM(2)
プロの炭鉱夫はブラストダッシュで採掘ポイント高速で回って、モドリ玉一個樽配達してもう一個も掻っ払ってくってそれマジ?
【 2015/12/23 】 [ 編集 ]
ギルドガードを揃えたそこの紳士淑女の方々ピッケルと戻り玉を持ってlet's 炭鉱夫♂

匠+3切れ味+5スロ2が出たんですがこれって神おまなんですかね??
【 2015/12/24 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

こんなヤツがいるぞ!

ルーザ

Author:ルーザ
 
[About]
・常に後光が差している
・よく見ると残像が出ている
・目が合うと妊娠する
・宵越しの記憶は持たない
・雨上がりに道端でよく死んでいる
 

累計犠牲者
らんだむゲーム速報


随時更新ちう...
卵かけご飯ジェネレーター
※衝撃の食卓を目撃せよ!
墓地(生存者アリ)
↑当ブログ お手製バナー ↑スタイリッシュ系ブログ ↑箱・pantsu系ブログ ↑ドS系ブログ ↑ディマゴラス系ブログ ↑超お絵かき系ブログ ↑司書系ブログ ↑じたばた系ブログ ↑情熱系ブログ ↑桜吹雪系ブログ ↑ぞうきん系ブログ ↑交信系ブログ ↑律儀系ブログ ↑樹木系ブログ ↑風化系ブログ ↑氷結系ブログ ↑もみまん系ブログ ↑音楽系ブログ ↑食品代表系ブログ ↑職人系ブログ ↑メイト系ブログ ↑溺愛系ブログ ↑繊維系ブログ ↑沼男系ブログ ↑ぼっち?系ブログ ↑たゆん系ブログ ↑ベイゼ系ブログ ↑あしあと系ブログ ↑燃焼系ブログ ↑二人三脚系ブログ ↑なまこ系ブログ ↑ドM系ブログ ↑レインボー系ブログ ↑双六系ブログ ↑タヌキ系ブログ ↑2鯖チームブログ ↑リアフレのチームブログ
超高性能ブログ内検索